きつねのもり

お菓子と器と手ぬぐいと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
 このブログも今のところ、三日坊主にならずに済んでいます(とりあえずホッ)。さて、今回も奈良県です。奈良県での一番歴史の古い和菓子屋さんのご紹介。

 ところで、奈良の銘菓と言って何が思い付きますか?奈良って京都よりも先に都となった町で、古墳や遺跡や名所旧跡は多いんだけど、代表の銘菓がすぐに出て来ない。京都であれば、八ツ橋とか生八ツ橋とかおたべとか夕子とか聖とか・・・って全部八ツ橋じゃん!笑。和菓子の材料である、吉野葛は有名だけど、和菓子の固有名詞となるとね〜。因みに、鹿せんべいは?と思った方、あれは鹿の食べ物です。^o^
 
 でも、調べれば結構あるんですよ。

御城之口餅

 御城之口餅は「おしろのくちもち」って読みます。「おしろのくちもち」。何かカワイイでしょ?ちょっと口に出して言いたくなる「おしろのくちもち」。この珍しい名前の由来はこれまた面白いんです。
 
 郡山城の城主だった豊臣秀長が兄の秀吉を茶会に迎えるにあたって、初代菊屋の主人に珍しいお菓子の製作を依頼。そこで出来上がったのがこのお菓子。で、秀吉はたいそう気に入って、このお菓子を「鶯餅」と名付け、初代主人も、名物「鶯餅」として売り出したそうなんですが、そのお店が郡山城の大手門を出た一軒目にあった為、お城の入り口で売っている餅→お城の口餅と呼ばれるようになったそうです。

 あの秀吉が名付け、鶯餅の原型と言われるにも関わらず、何故、途中から呼ばれた「御城之口餅」を採用したのか。何故、豊臣秀吉公が命名の鶯餅として売り続けなかったのか。はっきり言って謎です。秀吉も草場の陰でコケておろう。笑。

 さて、肝心のお餅ですが、つぶ餡を餅でくるみ、きな粉がまぶしてあるという、至ってシンプルなものです。秀吉の時代には珍しかったようですが。一口サイズで餅は薄くて、めっちゃ柔らかい。つぶ餡のツブツブ感は、1つ前に紹介した「みむろ」よりもあります。こし餡派としては、一口サイズなだけに、もうちょっと粒をつぶして欲しいかなと。味は甘過ぎず、上品です。つぶ餡派の方はきっとハマるでしょう。

御城之口餅包装紙 御城之口餅箱 

包装紙の状態(左)、包装紙を取った箱の状態(右)

御城之口餅中

箱を開けた状態

「御城之口餅」1箱(9個入)801円
本家菊屋(http://www.kikuya.co.jp/

器は益子焼のよしざわ窯(http://yoshizawa-toki.com/)で購入

ランチョンマットの手ぬぐいは「城下町」
かまわぬ(http://www.kamawanu.co.jp/)と
伊東屋(http://www.ito-ya.co.jp/)のコラボ手ぬぐい
銘菓(奈良県) 00:33 comments(2)
「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
 今回は愛知県を離れて、遷都1300年で沸く奈良へ。三輪素麺で有名な桜井市三輪神社の参道にある、最中一筋の老舗です。

みむろ最中

 八十八夜も過ぎ、新茶の季節ということで、新茶に合うお菓子をご紹介(とは言っても、今までのお菓子も十分に新茶に合うんですが)。お茶請けの和菓子と言って、何が思い付きますか?羊羹、煎餅、かりんとう?値段、食べやすさから、個人的にはやはり、庶民のお茶請けの定番は最中かなと。自分自身、子供の頃、異常に最中を所望していた時期があって、母親におやつは最中か松露をねだっていたという、そら恐ろしいお子様でありました。ハハハ。

 勿論、ここの最中をそこらのスーパーで売ってる最中と一緒にしてはいけません。甘いものは嫌いでも、ここの最中だけは食べられるという人もいる位だそうで、甘さ控えめ、皮がしっとり且つさっくりという、シンプルイズベストの中のベスト(表現滅茶苦茶?)と言ってもいい和菓子です。お店のHPやパッケージには「みむろ」となっていますが、通常「みむろ最中」と呼ばれています。

 で、この最中、初めて買った時は驚きます。結構びっくり。何が驚きかって、その包装。通常、最中って、1個1個紙で包装されてるでしょ?この最中は包装されてないんです!エコの時代だからとか、忘れたとかじゃなく、包装しないんです。で、最中のサイズにぴったり合った箱に、最中がそりゃまキレイに詰められているんですよ(下画像参照)。普通の最中に慣れてると、開けた時、一瞬止まります。笑。

みむろ箱詰 みむろ箱縦

箱の蓋を開けた状態(左)、手前の紙を引いて順番に取り出す(右)

 でも、不思議なことに、個別包装されてないのに、湿気てないし、更に食べきれなくて、箱に入れたまま残して置いても、賞味期限内は一切湿気ない。勿論、何か湿気ない薬が入れてある訳では決してありません。ここが老舗の為せる技なのでしょうかね。最中としては厚みは薄いです。餡はつぶ餡、小豆の粒感がかなりあります。しかも老舗の最中にも関わらず、小1個90円と結構手ごろな為、バクバク食べてもそれほど問題ありません。笑。

みむろ包装紙 みむろ箱

包装紙の状態(左)、包装紙を取った箱の状態(右)
「みむろ最中」1箱(小10個入)900円
白玉屋榮壽(http://www.begin.or.jp/mimuro/

器は合羽橋の田窯。マイ陶器の8割はここで購入したものです。
田窯(http://www.grapestone.co.jp/brand/dengama.html

ランチョンマットの手ぬぐいはあひろ屋(http://www.ahiroya.jp/)の「簾」
銘菓(奈良県) 00:14 comments(3)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「京半月(月うさぎ)」亀屋良長(京都府京都市下京区)
    にゃん子 (06/03)
  • 魚路里(東京都千代田区須田町)
    街の狐 (06/26)
  • 魚路里(東京都千代田区須田町)
    ほり (06/26)
  • 「野根まんじゅう」浜口福月堂(高知県高知市)
    街の狐 (06/19)
  • 「野根まんじゅう」浜口福月堂(高知県高知市)
    sachi (06/19)
  • 「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
    (06/11)
  • 「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
    ほり (06/09)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    ほり (06/09)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    街の狐 (06/08)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    ほり (06/07)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS