きつねのもり

お菓子と器と手ぬぐいと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
「生姜糖」來間屋生姜糖本舗(島根県出雲市)
 今回は、是非暑い夏に食べたい、食べて欲しい銘菓です。

 生姜と言うと、体を温める食材として冬のイメージもありますが、冷奴、素麺の薬味として、夏にも大活躍の食材です。新生姜も初夏に出回ります。関西で有名な夏の飲み物「冷やし飴」も生姜の搾り汁、またはおろし生姜を入れます。生姜の独特なピリッとした辛さが、夏バテ解消に最適でしょう。

生姜糖

 そんな生姜を使ったお菓子と言えば「生姜糖」です。「生姜糖」は特定の地域の銘菓というよりは、どこにでもある和風おやつと言ってもよいでしょう。また、「生姜糖」と言っても、砂糖菓子のようなものと、生姜の砂糖漬けと二種類あります。今回ご紹介するのは、本来の「生姜糖」、砂糖菓子です。

 先程、「生姜糖」はどこにでもある和風と言いましたが、特に有名なのは出雲と伊勢です。そう、どちらも日本を代表する神社のある地です。とりわけ、出雲は出西生姜という特産品を持ち、それは風土記の時代から風味の特に優れた生姜として知られていたそうです。そして、出西生姜はまさに生姜糖の原材料として向いていました。それは、その繊維の小ささ、煮ても特有の味も匂いも失わないからだそうです。

 さて、子間屋生姜糖本舗の「生姜糖」ですが、はっきり言って、びっくりする位辛いです。えっ?生姜糖ってこんなに辛かったっけ?という位。でも、癖になります。かなり癖になります。これはヤバい。生姜好きの私にとってはたまらん。あ〜これ、寒い冬に食べたら体がぽっかぽかになるかも!いや、夏に食べれば、さっぱりシャキッとして夏バテにいいかも!この生姜糖は板状ですが、一口サイズも売っているので、カバンに忍ばせて、気持ちを切り替えたい時に食べたいですね。パッケージも昔っぽくて素敵です。

生姜糖パッケージ パッケージ、クリックすると大きくなります

來間屋生姜糖本舗(http://www.syougatou-honpo.jp/index.html

器はsara-cera(http://www.rakuten.ne.jp/gold/sara-cera/

ランチョンマットの手ぬぐいはかまわぬ(http://www.kamawanu.co.jp/)の「薬味」
銘菓(島根県) 17:25 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「京半月(月うさぎ)」亀屋良長(京都府京都市下京区)
    にゃん子 (06/03)
  • 魚路里(東京都千代田区須田町)
    街の狐 (06/26)
  • 魚路里(東京都千代田区須田町)
    ほり (06/26)
  • 「野根まんじゅう」浜口福月堂(高知県高知市)
    街の狐 (06/19)
  • 「野根まんじゅう」浜口福月堂(高知県高知市)
    sachi (06/19)
  • 「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
    (06/11)
  • 「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
    ほり (06/09)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    ほり (06/09)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    街の狐 (06/08)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    ほり (06/07)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS