きつねのもり

お菓子と器と手ぬぐいと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
「小熊のプーチャンバター飴」千秋庵製菓(北海道札幌市中央区)
 前回の銘菓ではおどろおどろしい名前の飴「幽霊子育飴」(飴自体はとっても素朴)を紹介したので、今回は一転して可愛らしい名前の飴を。「小熊のプーチャンバター飴」。可愛らし過ぎますw

小熊のプーチャンバター飴

 バター飴と言えば、北海道のお土産のお菓子として有名。北海道には他にも「白い恋人」や六花亭のお菓子、生キャラメル等、魅力的なお土産の宝庫。しかも、広大な大地に育まれた豊かな原材料によって作られたお菓子ばかりで、お菓子好きには外せない場所です。勿論、北海道はお菓子に限らず、美味しい食べ物がたくさんあり、食いしん坊にとっては、寒ささえ凌げれば、夢のような場所でしょう。

 さて、バター飴。私にとっては懐かしいお菓子でもあります。子供の頃、よく食べてました。祖父が北海道出身ということもあったんでしょうか、家によくありました。私が見なれたバター飴は、袋がビニールではなく、布というかフェルトというか、そんな感じのもので、色は黄色で、北海道の地図が描いてあったように記憶しています。乳白色で、舐め始めはザラザラしてました。

 今回ご紹介する「小熊のプーチャンバター飴」は可愛らしい缶に入っています。バター飴自体は、見慣れた乳白色ではなく、透明感のあるバター色。表面もツルツル、ツヤツヤしています。一口にバター飴と言っても、色んな種類があるんですね、きっと。味はバターの味はしっかりしていますが、昔舐めてたものよりは多少ライトのような気もします(何せ昔の味の記憶なので)。お子様へのプレゼントにぴったりのお菓子です。

バター飴缶 缶の状態、クリックで大きくなります

「小熊のプーチャンバター飴」1缶(小)588円

千秋庵製菓(http://senshuan.co.jp/index.php

器は合羽橋の田窯で購入
田窯(http://www.grapestone.co.jp/brand/dengama.html

ランチョンマットの手ぬぐいはかまわぬ(http://www.kamawanu.co.jp/)の「昔話てぬぐい 金太郎」
銘菓(北海道) 22:35 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「京半月(月うさぎ)」亀屋良長(京都府京都市下京区)
    にゃん子 (06/03)
  • 魚路里(東京都千代田区須田町)
    街の狐 (06/26)
  • 魚路里(東京都千代田区須田町)
    ほり (06/26)
  • 「野根まんじゅう」浜口福月堂(高知県高知市)
    街の狐 (06/19)
  • 「野根まんじゅう」浜口福月堂(高知県高知市)
    sachi (06/19)
  • 「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
    (06/11)
  • 「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
    ほり (06/09)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    ほり (06/09)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    街の狐 (06/08)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    ほり (06/07)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS