きつねのもり

お菓子と器と手ぬぐいと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
「京半月(月うさぎ)」亀屋良長(京都府京都市下京区)
 今晩は十五夜です。そんな季節とは思えぬ暑さですが。今週は中秋の名月(十五夜)に因んだお菓子をご紹介しております。普通、十五夜というと、ススキに秋の味覚(里芋とか)、お月見団子を飾る訳ですが、今日は団子ではなく、お月見を絵柄にしたお菓子で楽しみます。

月見うさぎ

 京都の「かめやよしなが」と言えば有名で、かつて京都に少し住んでいた私も知っています。が、「かめやよしなが」が二つあることは今の今まで知らなかった!そう、「かめやよしなが」は同音で「亀屋良永」と「亀屋良長」があるんです。でも、どうやらこの2店に関係はないようです。創業は「亀屋良長」の方がちょっと古いとか。因みに、京都には他にも「亀屋○○」というお菓子屋がいくつかあります。で、「かめやよしなが」で私が知ってたのは「亀屋良永」の方。今回紹介するお菓子屋とは違う方です。何故「亀屋良永」の方を知っていたかというと、私の大好きな「御池煎餅」(後日紹介)で有名だから。なので、「かめやよしなが」→「亀屋良永」を知ってる→亀屋何ちゃらというお店多い→今回の「亀屋良長」も「良永」の方だと思い込んでいた、という図式。しかも、今回買った「京半月」も麩焼き煎餅を使っているので、「あ〜、御池煎餅から派生したお菓子だね」とまで思っていた・・・。全然別のお菓子です。お菓子屋等で元祖と本家というのはよくある話ですが、同じ読みで漢字が違う、しかも偶然?で、どちらも老舗というのは面白いですね。お互いのことどう思ってるのか知りたいです。

 肝心の味ですが、やはり「良長」と「良永」とは別だけあって、ここの餡を挟んでいる麩焼き菓子は御池煎餅の麩焼きとは全然違います。まあ、一般的な麩焼きと言ってもいいでしょう。月、うさぎ、すすきのかわいらしい図柄が施された麩焼きに、小豆餡と抹茶餡(緑の麩焼きの方)が挟まれています。どちらもこし餡です。さっくりというよりしっとりした麩焼きと、程よい餡の甘さがよく合っています。京都の老舗らしい何とも風情のあるお菓子です。

月見うさぎ箱

「京半月(月見うさぎ)」1箱(5枚入)683円
亀屋良長(http://kameya-yoshinaga.com/

器は合羽橋の田窯で購入
田窯(http://www.grapestone.co.jp/brand/dengama.html

ランチョンマットの手ぬぐいはかまわぬ(http://www.kamawanu.co.jp/)の「月見兎」
銘菓(京都府) 02:16 comments(1)
「幽霊子育飴」みなとや幽霊子育飴本舗(京都府京都市東山区)
 本日6月21日は夏至。お昼の時間が一番長い日。今日は梅雨の時期らしく、蒸し蒸しと暑かったです。旧暦で言えば、6月でもう夏は終わり。7月からは秋なんですよね。現在は7月から夏本番なんですけどね〜。という訳で、今回はそんな夏に一番相応しいと言ってもいいお菓子をご紹介。

 夏に相応しいと言って、何が思いつきますか?水ようかん、水まんじゅう、葛きり、若鮎、あんみつ、氷。そう、夏は旬な野菜も多いように、お菓子も旬?なものが多いんです。そんな中で、今回のお菓子は飴です。そう、飴。夏らしくないと思えますが、名前が夏ぴったりなんです!

幽霊子育飴

 「幽霊子育飴」。お菓子に幽霊という名前がついてるってなかなかでしょ?でも、幽霊、子育て、雨というキーワードにピンと来る方、結構いらっしゃるんでは?一般的には『子育て幽霊』という名前で有名な昔話です。

 夜な夜な、飴を買い求めに来る青白い女。ある日、不思議に思った飴屋の主人が後をつけてみると、女は墓場へ行き、とある卒塔婆で姿を消す。と当時に赤子の泣き声。掘ってみると、女の亡骸に赤子が抱かれていて、手には飴が握られていた。どうやら、女は身重のまま亡くなり、気付かれぬまま墓に埋められたが、その後、出産。何とか育てようと、母は幽霊となり、乳で育てられぬ為に、毎晩、飴を買い、それを赤子に与えていたというお話。

 この昔話は、京都だけでなく、各地にあります。そして更に、子育飴自体も伝わっているのが静岡の掛川です。
小泉屋(http://koizumiya.com/

 京都の場合、その後、この赤子は高台寺に引き取られ、高僧になったそうです。何とも京都らしい。因みに、この飴屋は高台寺の近くにあるので、全くの嘘話と済ませるにもいかない気がするのは私だけでしょうか。

 さて、この飴ですが、素朴な飴です。べっこう飴といった感じです。昔は水飴だったらしいのですが(昔話に出て来る飴も水飴)、今は固形の飴です。麦芽にザラメを加えて固めています。硬さは激硬です。笑。1個1個きれいに形成されているのではなく、釜で作られた飴をそのまま固めて、ノミのようなものでガンガン削り取っているため、大きさもまばら、形もまばらです。更に角が尖った飴もあるので、現在、巷に出回っている飴に慣れている方は要注意です。あ〜、昔の飴だな〜といった懐かしさ満点の味です。

 袋を開けたら、なるべく早く食べてしまうことをオススメします。腐りはしませんが、飴同士がくっつき、更に巨大な飴と化し、それこそトンカチを持ってないと、どうしようもなくなります(経験談w)。夏場は特に注意。そんなにすぐに食べられないという場合、料理に使ってもいいかもしれません。煮物とか、やさしい甘さになると思います(未経験談www)。

幽霊子育飴包装 包装の状態、クリックで大きくなります

「幽霊子育飴」1袋(大)500円
みなとや幽霊子育飴本舗(HPなし)

器は合羽橋の田窯
田窯(http://www.grapestone.co.jp/brand/dengama.html

ランチョンマットの手ぬぐいは戸田屋商店(http://www.rienzome.co.jp/)の「お化け」
銘菓(京都府) 23:35 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「京半月(月うさぎ)」亀屋良長(京都府京都市下京区)
    にゃん子 (06/03)
  • 魚路里(東京都千代田区須田町)
    街の狐 (06/26)
  • 魚路里(東京都千代田区須田町)
    ほり (06/26)
  • 「野根まんじゅう」浜口福月堂(高知県高知市)
    街の狐 (06/19)
  • 「野根まんじゅう」浜口福月堂(高知県高知市)
    sachi (06/19)
  • 「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
    (06/11)
  • 「御城之口餅」本家菊屋(奈良県大和郡山市)
    ほり (06/09)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    ほり (06/09)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    街の狐 (06/08)
  • 「みむろ」白玉屋榮壽(奈良県桜井市)
    ほり (06/07)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS